家を売る際に注意しておくこと!

一括査定ですぐに家を売る イエウール公式サイト

家を売るという出来事はある意味人生の一大イベントですよね。
でも、どうすればいいんだろう?どこから調べればいいんだろう?
こんな不安も当然でてきますよね。

やはりお金に関する情報はとても大事で自ら情報を収集する時代です。
そんな際にここだけは注意していただきたいことをお伝えします。
事前に頭の中で整理しておくと思わぬトラブルに巻き込まれなくて済むようになります。

①査定は慎重に複数社に依頼するのがベター!

1社のみだとそれで情報は遮断されてしまいます。
必ず金額に差額が出ますし、業者さんの質・レベル・相性も各々検討できます。
納得出来るまで業者さんに査定してもらいましょう。

②価格交渉は付き物だと心得る!

大きな金額が動く住宅関係に値引きは付き物ですし、あなたがその家を
購入した際も、価格交渉はしたのではないでしょうか。
それは、買い手からしても同じ事。
興味をもってくれる人が現れたら、価格次第でトントン拍子に話が進む事も
大いにありますので、そういうものだと心得ていると精神的に楽になります。

③家を売る際の費用を知ろう!

一番忘れがちなのが<仲介手数料>です。
数千万円レベルの売買では、仲介手数料もそれなりに発生することを
お忘れなく。

 

家を少しでも高く売るには?

 

人生の中で「家を売る」体験をする人も多いかと思います。実家を処分することになった、マイホームを購入したが遠方に引っ越すことになってしまった等様々な理由でやむなく家を売ることになってしまう場合があります。
少しでも高く家を売るにはコツがあります。それは「リフォームは最低限にすること」です。
内装・外装ともに完璧にリフォームをすれば築年数の古い物件でもそれなりに見栄えがしますのでそれなりの値段で売れるはずです。
しかし、リフォームにかかった費用分の元が取れるほどの価格では売れない場合がほとんどです。
つまりリフォームをせずにその分安価で売り出した場合のほうが売り主にとっては利益が出るのです。
中古物件を購入しようとする人は、新築のようなピカピカな家を求めていません。「中古で安い」から購入希望なので完璧にリフォームする必要はないのです。
リフォームするにしてもどこまでのリフォームを求めるのかは売り主と買い主の考えは一致しない場合がほとんどです。
なのでリフォームは最低限の清掃程度に留めてその分価格を抑えて売り出すことをお勧めします。
家の売却は、購入希望者が「たった一人」見つかればそれでよいのです。
価格設定がとても難しく悩むところですが、少しでも高く売れるように適正価格を不動産屋さんで相談し、慎重に売り出しましょう。

コメントは受け付けていません。